需要が最も高い心理カウンセラーになるには

カウンセリング

メンタル系の仕事をしよう

心理カウンセラーになるには、資格を取る必要があります。複数の民間資格があり、また国家資格の準備もされています。働きながら資格を取りたい場合には、通信教育が適しているでしょう。選択の仕方ですが、テキストやカリキュラムの質の高さ、講師のサポート力、就職相談などを行なっているか、などから選択できます。

向いてる人は自分を知る人

女の人

自分を知って改善する

心理カウンセラーになるには、心理学関連の資格を取るだけでなく、心理カウンセラーとして向いている性格かどうかにもかかってきます。心理カウンセラーに向いている人は、自分のことをよく理解している人、つまり自分の欠点や弱点を把握し、それに向けて常に改善し続けている人です。心理カウンセラーは他者の心と向き合う仕事なので、自分のことを知ることは関係ないのではという人もいますが、自分のことを知らなければ器を大きくしながら人の話を聞くことができません。カウンセリングを受ける人の話は、ほとんどが暗いことや嫌だと感じる内容です。その話に対してすぐにイライラしてしまい、ウンザリするような顔を見せてしまえば、相手は心理カウンセラーの雰囲気を敏感に感じて反応してしまいます。心理カウンセラーになるには、相手のどんな話でも受け入れられるような器を持って聞くことが大切です。相手が、悩みを話しやすいと感じるように対応しなければなかなか相手から話をしてくれません。心の器を持つことができるようになるには、自分の欠点を改善することです。改善できれば、相手への改善方法も知ることができるようになります。イライラすることを改善させ、器を大きくさせるのも、自分を改善させることの1つとなります。信頼される心理カウンセラーになるには、資格を取るのはもちろん、向いている性格になることができるよう、自分を改善させることがとても大事なことになるのです。

勉強

様々な資格がある

ストレスの多い現代社会では、心理カウンセラーの需要が高まっています。専門的な資格を取得すれば、プロとして様々な場で活躍出来るだけでなく、家庭などの身近な場でも役立ちます。心理カウンセラーになるには、専門の学校に通うか通信講座で学ぶ必要があります。

カウンセリング

カウンセラーになる方法

心理カウンセラーになるには、持っていなくてはならない資格があるわけではありません。しかし、プロとしてやっていくのであれば、勉強して心理カウンセリングに関わる資格取得をする必要があります。心理カウンセリングに関わる資格は様々あり、費用も幅がありますが10万円以下で取得出来る資格もあります。